設置する場所を考える|自宅のセキュリティ対策を見直そう|防犯カメラ設置のメリット

自宅のセキュリティ対策を見直そう|防犯カメラ設置のメリット

設置する場所を考える

女の人

自宅のセキュリティ強化のために防犯カメラを設置するのであれば、まずどのようなタイプを選んで、どこに設置するのが最適であるのかを検討する必要があります。まず設置場所ですが、大きく分けると屋内か屋外への設置となります。どちらに設置しても防犯効果は得られますが、侵入者を威嚇して自宅への侵入を防ぐという意味では、屋外への設置がおすすめです。屋外の中でも、侵入経路となりやすい玄関まわりや勝手口まわりに設置しておくとよいでしょう。また、犯罪者に自宅を狙われないようにしたいのであれば、外壁まわりや門扉まわりへの設置もおすすめです。屋外へ防犯カメラを設置する場合には、必ず防滴・防雨に対応しているタイプを選ぶようにしましょう。屋外ではどうしても雨風にさらされることになるため、防滴・防雨に対応していることは欠かせません。より厳重にセキュリティ対策をしたいのであれば、屋外と屋内の両方に防犯カメラを設置するのがよいです。万が一、屋外の防犯カメラを無視して自宅に侵入された場合、屋内に設置した防犯カメラが活躍してくれます。屋内にも設置されていれば侵入者の行動は制限されますし、何よりも犯罪の決定的な証拠を残すことができるのです。このように、防犯カメラは威嚇と犯罪の決定的な証拠を残すという、重要な役割を果たしてくれます。1万円以内で購入できるようなものもありますので、自宅を空けることが多くて不安を感じているという方は、まず1台設置してみるとよいでしょう。